月を超えて旅に出るには

心って成長するのかな

未来の変え方というお話 課題1

今年も半分を過ぎました。
周りで聞こえてくるのは「最近時間が過ぎるのが早く感じる」ようになったこと。
先月は小林麻央さんが亡くなって大きなニュースになりました。
大事な人を失うというのは自分がもがれるかの如く辛いことで、お子さんも当然辛いですしご主人さんの海老蔵さんも喪失感に苛まれることになります。
いろんな意見はあると思いますが悲しむ時期にはちゃんと悲しんで心から気持ちを吐き出すことも必要な事なんじゃないかと思います。
 
私がこのブログを書くのは麻央さんみたいに苦境においても人に希望を与えたいなどという天使のような気持からではありません。
あくまでも自分の気持ちを吐き出すためのチラシの裏です。
書くことは吐くこと。
それだけです。
でもそれって大事なことらしく、私は書くことを勧められました。
全然関係ないところで二人の人にブログに書いてみたらと言われ、始めることにしました。
自分のために書いていますがもしこの地の果てのブログにたどり着いた人がいましたら、その人が幸せになりますように。
 
私が最近実践しているのは

1tamachan.blog31.fc2.com

この方法は私が尊敬する(会ったことはない)シドニーおちんさんのブログの記事をたまいちさんが転載したものです。

これを何度も挫折して、ようやく少し進められるところまできました。
今一人でもがいている誰かのために置いておきます。

 

ここにある「イスマイルじいさんの未来の変え方」は課題がいくつかあるのですが、

まず最初に導入編として

(転載開始)
◯①◯ 未来を変えるためには、 ⇒  今の自分を変えることが必要だ。
 ◯②◯ 今の自分を変えるには、 ⇒  自分に尽くすための選択を棄て、人に尽くすための選択を無意識にすることが必要だ。
◯③◯ 無意識に人に尽くすための選択をするには、 ⇒  エゴの縮小が必要である。
◯④◯ エゴを縮小させるには、 ⇒  自分の抱える不調和の自覚・認識と、その原因をつきとめることが必要である。
◯⑤◯ 不調和の自覚・認識と原因をつきとめるには、 ⇒  自分が何に怒り、悲しみ、苦しむのかをつきとめることが必要だ。
◯⑥◯ 何に怒り、悲しみ、苦しむのかをつきとめるには、 ⇒  自分が抱える恐怖を自覚することが必要だ。
そして
◎◎ 自分が本当に住みたい世界を決められると、 ⇒  人としての存在に必要な最小のエゴを残して、肥大していたエゴは自然に縮小されていく。
◎◎ 自然にエゴが縮小されると、 ⇒  自分に尽くすための選択ではなく、人に尽くすための選択を自然に、無意識にでけるようになる。
◎◎ 人に尽くすための選択が無意識にでけるようになると、 ⇒  よりよい未来の選択がでけるようになる。

(転載終了)


ということだそうです。

なのでここでまずは課題1として
④ 自分の抱える不調和とは何か
⑤ 自分は何に怒り、悲しみ、苦しむのか
⑥ 自分が抱える恐怖とは何か
を掘り出す必要があります。

私は今は課題5に取り組んでいて、メンタルがかなりキツイ状態です。
いや、もともとキツイ状態で始めています。
メンタルがきつすぎて、でも宗教やらなんやらに救いを求めるのが嫌だったので、そうなると自己解決するしかありませんでした。

私の場合、もちろんたくさんありますが課題1④➄⑥をまとめると

④不寛容の怒りとひとりになりたくない気持ち

➄頑張っている人が報われない怒り、失う悲しみ、孤独の苦しみ

⑥ひとりぼっちになる恐怖

になりました。

今回ツライ状態が続いていて気が付いたのは「ひとりぼっちになる恐怖」の中にある「置き去りにされる恐怖」でした。

今はまだ「置き去りにされる恐怖」がどこから来ているのか一つしか思い当たらず、

それがそんなに心を占めているようには思えませんでした。

私が知らない前世からきているのかもしれません。

この気持ちが出てくると体中に細かい針が発生したようチクチクした感触が発生し、呼吸困難気味になって、全身がヒリヒリ痛みます。

本当に消えてなくなりたいような心の苦しみがやってきます。

でもいずれこの苦しみは過ぎ去ると信じて、七転八倒しながら戦ってます。