月を超えて旅に出るには

心って成長するのかな

7月3日雑記

本当に辛い時、その感情を思いっきり吐き出すとちょっとすっきりしたりします。

一人でいるときに気持ちにヒットする言葉が入った曲をかけてわーっと泣く。

私は大切なものを失ったので、喪失感が激しく、西川貴教さんの「Boarding」聴いたりします。

「声にならない声を~(以下自主規制)」とか聴くと、人込みの中でたたずんで孤独を感じる自分の姿が思い浮かびます。

でも、そうやって吐き出せればまだましな方で、泣くことも叫ぶこともできないもやもやした状態になると苦しくなります。

いやな感じに囚われると体の中を冷気が動き回るような痛い耐えがたい感じになるので余計つらい。

こんな症状でるの私だけなのかな。

他の人はどうやって乗り越えるのかな。

 

私はある人にこの苦痛から脱出するのは8月くらいになりそうと言われました。あと2か月も続くなんて耐えられない。

最近は瞑想も始め、朝晩20分ずつくらいじっと雑念を追い払う時間を作っています。

瞑想は海外でも流行っていて、あのスティーブ・ジョブスもやっていたそうです。

前にテレビでお坊さんと一般人が瞑想をしたのを比べたんだったか、そんな感じの番組をやっていて、一般人はじっとしているようでもぐらぐら動いていましたが、お坊さんは微動だにしないくらいどっしりしていました。

そんなふうに何があっても心も頭も動じない、そんな心持になってしまいたいー